漢方薬と不眠症との関係3

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

漢方薬と不眠症との関係3

漢方薬と不眠症との関係3のイメージ

不眠症における治療や改善方法の情報について、診察やカウンセリング、そして投薬治療などの方法についての続きを、前項について分かりやすく振り返る最後の項目になります。抗精神病薬においては、寝つきの悪さに加えて、中途覚醒や睡眠の質の悪化、さらには過眠などの統合失調症患者によく似た睡眠障害の原因になります。その反対に位置するのが「非定型抗精神病薬(ヒスタミン受容体やセロトニン受容体に拮抗作用のある定型・非定型抗精神病薬には鎮静作用があるとされ、特にリスペリドンやオランザピンなどの5―HT2受容体に関しては、選択的に拮抗すると言われており、非定型抗精神病薬は統合失調症患者の睡眠の質や量、さらには同時に寝付きを改善させることが可能だとも言われている)」です。以上のような、不眠症対策の事項に関してこれまで述べてきました。不眠症に悩む私たちにとって、それは選択肢が多すぎるということもあり、どれが自分に適しているかということには、悩んでしまうことだと思います。そのような方にとってお勧め出来る治療方法が、最近話題に上るようになった「漢方薬」なわけです。

あわせてよみたい不眠症の知識

漢方薬と不眠症との関係2

不眠症に効果のある漢方薬の詳細1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ