漢方薬と不眠症との関係2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

漢方薬と不眠症との関係2

漢方薬と不眠症との関係2のイメージ

前項に続いて、不眠症の治療においては、診察やカウンセリング、そして投薬治療などの方法についての続きを、分かりやすく振り返っていきます。「アルコール(アミトリプチリン・ドキセピン・ミルタザピン・トラゾドンなどの抗うつ薬には、非常に強力な鎮静効果を持っており、これは不眠治療に適用外の処方とされていて、使われるミルタザピンにおいては特に、入眠までの待ち時間を減少させることから、睡眠の効率を高めるので、うつ病と不眠症の両方を患っている患者に関しては、睡眠時間の総量が増加することが知られている)」、「メラトニン(サプリメントであり処方箋が不要でるが、不眠の原因によってはその効果が期待されないという研究結果がイギリス医師会誌で出されている)」、「抗ヒスタミン薬(抗ヒスタミン剤である塩酸ジフェンヒドラミンは、市販において販売されているが、これはあくまでもアレルギー薬の副作用にある眠気を利用しているために、不眠症の場合では、市販の睡眠薬を長期的に使用してはいけないと警告している)」が挙げられてきました。

あわせてよみたい不眠症の知識

漢方薬と不眠症との関係1

漢方薬と不眠症との関係3

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ