漢方薬と不眠症との関係1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

漢方薬と不眠症との関係1

漢方薬と不眠症との関係1のイメージ

不眠症の治療においては、診察やカウンセリング、そして投薬治療などの方法により、適切で効果的な処置を受けられることが多くあります。これまで不眠症に改善・快方が見られる方法(治療)として、まず挙げられるのが「非薬物療法(体内時計のリセットとしての生活習慣や不摂生の解消」、「薬物療法(睡眠に対して睡眠薬や鎮静剤に頼ることで、ベンゾジアゼピンと非ベンゾジアゼピンの睡眠薬においては、身体依存を引き起こして慎重に断薬しないと離脱症状を引き起こすと言われている)」、「ベンゾジアゼピン(一般的に不眠症において最も効果的だとされて処方される睡眠薬であり、ベンゾジアゼピンは無意識を誘導しながら、浅い睡眠をもたらしてくれて、深い睡眠時間を削減するために睡眠の質を悪化させるおそれがある)」、「非ベンゾジアゼピン系(ゾルピデム・ザレプロン・ゾピクロン・エスゾピクロンなどの種類を有し、軽度から中程度の不眠症において適用される催眠薬の新しい分類であり、作用は中程度のため、中度から重度の不眠に対しては効果が期待出来ないとされている)」になります。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症に効果的な非定型抗精神病薬2

漢方薬と不眠症との関係2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ