不眠症に効果的な非定型抗精神病薬2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症に効果的な非定型抗精神病薬2

不眠症に効果的な非定型抗精神病薬2のイメージ

前項にて説明してきた、中枢神経系にある受容体の一群である「ヒスタミン受容体」や「セロトニン受容体」に拮抗作用がある定型・非定型抗精神病薬において、その中でも特に「リスペリドン(単一化合物で錐体外路系の副作用が少なく、陰性症状に対しても有効な新薬として合成され、ドーパミンよりもセロトニンに強く働きかける特徴を持ち、少量においても優れた効果を発揮して強力な鎮静作用を有する)」や「オランザピン(陰性症状や認知機能障害に有効であり、再発率も抗精神病薬のデータの中において最も低く、神経保護作用もあることから統合失調症にとって有用な薬物と考えられている)」など、5―HT2受容体によって、選択的に拮抗する非定型抗精神病薬には、統合失調症患者の睡眠の質や量、そして寝つきを同時に改善させる効果が確認されています。5―HT2受容体には、選択的に拮抗する数多く、例えばヴォリナンセリンなどの「抗精神病薬」が、不眠治療の目的でも調査されている段階にあります。非定型抗精神病薬は、定型抗精神病薬に対して使われている言葉でもあり、第二世代抗精神病薬でもあります。ちなみにアリピプラゾールは、第三世代抗精神病薬と定義されています。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症に効果的な非定型抗精神病薬1

漢方薬と不眠症との関係1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ