不眠症に効果的な非定型抗精神病薬1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症に効果的な非定型抗精神病薬1

不眠症に効果的な非定型抗精神病薬1のイメージ

定型抗精神病薬の場合、その薬理学的メカニズムによって、錐体外路症状や高プロラクチン血症などの副作用が出やすい傾向にありました。基本的な薬理学的メカニズムとして、ドーパミン2受容体とセロトニン2A受容体の遮断にある「非定型抗精神病薬(ドーパミン2受容体の遮断は中脳辺縁系に作用して、統合失調症の陽性症状に対して特に効果を示し、中脳黒質経路、漏斗下垂体経路、前頭前野経路への働きかけが、それぞれ錐体外路症状、高プロラクチン血症、陰性症状などの副作用や有害事象が出現する)」では、寝つきの悪さに加えて、中途覚醒や睡眠の質の悪化、さらには過眠などの、「統合失調症(主要な症状や基礎症状として、認知障害、連合障害、陰性症状である自閉など)」であり、副次的に「精神病状態(幻覚妄想)」など多様な症状を示し、罹患者個々人によって症状のスペクトラムも多様である)」にある患者の睡眠障害の原因によくなりやすいことが分かっています。また、中枢神経系にある受容体の一群である「ヒスタミン受容体」や「セロトニン受容体」に拮抗作用がある定型・非定型抗精神病薬においては、鎮静作用を有しているとされています。

あわせてよみたい不眠症の知識

「非定型抗精神病薬」は不眠に適しているのか?3

不眠症に効果的な非定型抗精神病薬2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ