「非定型抗精神病薬」は不眠に適しているのか?1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

「非定型抗精神病薬」は不眠に適しているのか?1

「非定型抗精神病薬」は不眠に適しているのか?1のイメージ

不眠症と診断された場合、一般的に挙げられる薬として、抗うつ剤を含めた様々なものが挙げられてきましたが、「非定型抗精神病薬(ひていけいこうせいしんびょうやく)」もその1つに含まれます。まず、抗精神病とは、広い意味での向精神薬の1種になります。一般的に統合失調症や躁状態の治療に使用されています。そして、その他としては、幅広い精神疾患にも効果があると実証されています。別称として、メジャートランキライザーがあります。シプロヘプタジンにおいて、人間の場合では、抗セロトニン作用はLSDに匹敵するか、それよりも上回ると言われています。セロトニン症候群に陥っている際には、特に治療薬として使用されています。また、シプロヘプタジンにおける抗ヒスタミン作用としては、クロルフェニラミンに匹敵するか、それよりも上回ると考えられています。ちなみに、副作用も存在します。抗コリン作用を示すことから、緑内障・不整脈・狭窄性胃潰瘍・幽門十二指腸閉塞・前立腺肥大・気管支喘息急性発作が起こるなど、特に新生児や老齢の患者には投与はするべきでないとされています。

あわせてよみたい不眠症の知識

市販されている抗ヒスタミン薬の弊害3

「非定型抗精神病薬」は不眠に適しているのか?2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ