市販されている抗ヒスタミン薬の弊害3

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

市販されている抗ヒスタミン薬の弊害3

市販されている抗ヒスタミン薬の弊害3のイメージ

また、「ピペラジン系(ヒドロキシジンであるアタラックスPなどが含まれていて、鎮静薬や制吐薬として使われることが多い)」や、「ピペリジン系(塩酸シプロヘプタジンであるペリアクチンなどに含まれていて、食欲亢進や体重増加作用と伴う)」とにも分類されています。人間の場合、ヒドロキシジンでは、主として蕁麻疹や皮膚の痒みを抑えることが期待されます。その他にも、不安や緊張感を和らげるとしています。シプロヘプタジンでは、主として皮膚疾患に伴う痒感や蕁麻疹、さらにはアレルギー性鼻炎などにも抗アレルギー薬として使用されています。以上のように、それぞれ使い分けがある抗ヒスタミン剤においては、アレルギー薬の副作用である眠気を利用していることから、不眠症・またはそれに近い症状が伴っている場合であっても、長期的に市販の睡眠薬を服用することは望ましくないと考えられています。つまり、私たちが不眠症を改善・克服をしたいと考えている場合、医療機関で処方されるものだけでなく、市販薬に記されているパッケージにおいても、安易な使用をするべきではないということです。

あわせてよみたい不眠症の知識

市販されている抗ヒスタミン薬の弊害2

「非定型抗精神病薬」は不眠に適しているのか?1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ