不眠症にされる処方薬の1つ抗ヒスタミン薬

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症にされる処方薬の1つ抗ヒスタミン薬

不眠症にされる処方薬の1つ抗ヒスタミン薬のイメージ

不眠症において、治療のために主として処方される薬のうち、ベンゾジアゼピンと非ベンゾジアゼピンの成分について解析してきました。メラトニンに加えて、その他にも治療薬として用いられる薬は多々存在しているます。例えば、、ヒスタミンの作用を抑制する薬品でもある「抗ヒスタミン剤」に含まれている「塩酸ジフェンヒドラミン(末梢や中枢のヒスタミンと競合的に拮抗することによって、炎症や気道分泌の抑制、鎮静作用を伴う)」です。ジフェンヒドラミン塩酸の場合、主として風邪薬や鼻炎薬などの抗ヒスタミン剤として使用されていますが、著しい催眠の副作用が、現在までに問題視されているのです。中枢神経系に作用してしまうため、眠気を引き起こすことしばしば存在します。だからこそ、服用した後には、四輪車・オートバイ・工作機械の運転などといった危険を伴う作業には、絶対に従事しないことが推奨されています。さらに、飲酒する前後の服用に至っては、眠気をさらに引き起こしてしまうと言われています。

あわせてよみたい不眠症の知識

メラトニンに不眠症対策の効果はあるのか?

市販されている抗ヒスタミン薬の弊害1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ