メラトニンに不眠症対策の効果はあるのか?

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

メラトニンに不眠症対策の効果はあるのか?

メラトニンに不眠症対策の効果はあるのか?のイメージ

メラトニンという言葉は、一般的によく聞かれます。これはまた、N―アセチル―5―キシトリプタミンとも呼ばれています。メラトニンは、動物や植物、さらには微生物でも通常見られる、天然の化合物になります。動物の場合では、ホルモンの1つで脳の「松果腺(しょうかたい、脳内の中央2つの大脳半球の間に位置していて、2つの視床体が結合する溝にはさみ込まれている形で、概日リズムを調節するホルモンとメラトニンを分泌する)」から分泌されると言われています。メラトニンにおける血中濃度は、1日のサイクル内でも変化しています。いくつかある生物学的機能においては、「概日リズム(サーカディアンリズム、約24時間周期で変動する生理現象で、動物・植物・菌類・藻類など、ほとんどの全ての生物に存在している)」を有しています。人間の場合では、メラトニンの血中濃度は昼に低くなり、夜には高くなることから、睡眠と大きく関連していると言われています。夜行性の生物の場合も、同じように逆のリズムを刻んでいるわけです。ちなみに、この概日リズムは、内在的に形成されると言われていますが、光や温度、そして食事などの外界からの刺激によっても修正されることがあります。

あわせてよみたい不眠症の知識

抗うつ剤と不眠時における睡眠の関係3

不眠症にされる処方薬の1つ抗ヒスタミン薬

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ