抗うつ剤と不眠時における睡眠の関係2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

抗うつ剤と不眠時における睡眠の関係2

抗うつ剤と不眠時における睡眠の関係2のイメージ

「トラゾドン」はまた、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの量を増やすことから、うつ病やうつ状態の改善により効果があるとされていて、眠気の副作用と抗うつ作用から、睡眠導入剤の代替品として用いられることもしばしばあります。こうしたいくつかの抗うつ薬の中では、主要な薬物における欠点として、多種多様な副作用をもたらす可能性を有しています。「アミノトリプチン」と「ドキセピン」の場合は、「ヒスタミン(ヒスチジンから合成されて、通常は肥満細胞や好塩基球などに不活性状態で存在)」への反感作性、「抗コリン作用(抗精神病薬・抗うつ薬などの服用に伴って副作用として見られるもので、便秘や口の渇きなどの症状がある)」、抗アドレナリン作用があるとしています。アドレナリンは、副腎髄質より分泌されるホルモンになり、神経節や脳神経系において神経伝達物質にもなります。また、ストレス反応の中心的役割を果たしており、血中に放出されると、心拍数や血圧を上げます。これにより瞳孔を開いて、ブドウ糖の血中濃度、つまり血糖値を上げる作用などをもたらします。

あわせてよみたい不眠症の知識

抗うつ剤と不眠時における睡眠の関係1

抗うつ剤と不眠時における睡眠の関係3

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ