抗うつ剤と不眠時における睡眠の関係1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

抗うつ剤と不眠時における睡眠の関係1

抗うつ剤と不眠時における睡眠の関係1のイメージ

現存する抗うつ剤の中には、非常に強力な鎮静効果を持っているということから、不眠治療においては、適用外な処方として用いられていることがしばしばあります。例えば、三環系抗うつ薬の1種である「アミトリプチリン(脳内においてノルエピネフリンやセロトニンの再取り込みを抑制して、シナプス領域のモノアミンが増量することによって抗うつ作用を示す)」、「ドキセピン」、四環系抗うつ薬の1種である「ミルタザピン(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬というカテゴリに分類され、シナプスにおけるセロトニンの再吸収に作用することで、うつ症状や病気としての不安の改善を目指す薬である「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」や、主として大きなうつ病や気分障害の治療、不安障害、強迫性障害、ADHDなどでも処方されることがある「SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)」とは異なる作用機序になっており、短時間で効果が発現して効果は持続的)」、三環系・四環系抗うつ薬には属していない新しいタイプの抗うつ薬である「トラゾドン」などが挙げられます。

あわせてよみたい不眠症の知識

レム睡眠離脱時における「明晰夢」とは何か?

抗うつ剤と不眠時における睡眠の関係2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ