レム睡眠離脱時における「明晰夢」とは何か?

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

レム睡眠離脱時における「明晰夢」とは何か?

レム睡眠離脱時における「明晰夢」とは何か?のイメージ

前項にて見てきた、レム睡眠離脱における夢である「明晰夢(めいせきむ)」とは、睡眠中にみる夢の中でも特に、夢であると自覚しながら見ている夢のことを指します。明晰夢を経験したことがある人は、夢の状況を、自分の思い通りに変化させられるとよく証言しています。なぜこのような現象が起こるのかと言うと、レム睡眠離時には、脳内において、思考や意識、さらには長期記憶などに関わる「前頭葉(大脳半球の中心を左右に走る溝よりも前方の領域)」が、「海馬(大脳辺縁系の一部で側脳室の近くにある部位)」と連携することにより、覚醒時に入力されていた情報を整理する前段階である夢において、前頭葉が半覚醒状態に陥っているためだと考えられています。明晰夢の内容は、見ている本人自体が、ある程度コントロールすることが出来ると言われています。さらに悪夢の場合には、自分に都合が良い内容に変えたりすることが出来るそうです。これは無意識的な夢として、意識的な想像の中間的な状態だとされています。実現可能な範囲の中で、思い描いた通りのことを覚醒時に体験したりすることが出来るわけです。

あわせてよみたい不眠症の知識

アルコールと眠りの関係

抗うつ剤と不眠時における睡眠の関係1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ