アルコールはより良い睡眠を阻害する?

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

アルコールはより良い睡眠を阻害する?

アルコールはより良い睡眠を阻害する?のイメージ

眠れないと感じた時、よく「アルコール飲料(日本酒、ビール、ワイン、ウイスキーなどの発酵酒・蒸留酒・混成酒)」を摂取する人がいます。いわゆる、寝酒です。しかしアルコールは、寝付きは良くなるものの、眠りが浅くなってしまい、逆に早朝覚醒が増えていくと実証されています。中でも特に、大量の飲酒は睡眠を妨げると考えられています。つまりアルコール(飲料)とは、睡眠にとっては有害だと判断されているのです。だからこそ、不眠症に対する治療としては、アルコールは使用してはいけないとしています。しかし現状としては、入眠困難を改善するために、アルコールを自己使用している人は多いのです。アルコールが生じさせる入眠は、決して良眠ではなく、不眠の原因となってしまうことを、私たちは念頭に置いておく必要があるでしょう。アルコールを長期的に使用した場合、睡眠中の状態の1つであり、身体が眠っているにも関わらず、脳が活動している状態である「レム睡眠」を抑制して、断片化させてしまうと言われています。外見的には寝ている状態にあるのに、脳は覚醒状態にあることから、別称として逆説睡眠(ぎゃくせつすいみん)があります。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠導入剤である非ベンゾジアゼピン系2

睡眠時における「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ