不眠症対策の薬「非ベンゾジアゼピン系」とは?

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症対策の薬「非ベンゾジアゼピン系」とは?

不眠症対策の薬「非ベンゾジアゼピン系」とは?のイメージ

前項までにおいて、不眠症の際に主として処方される睡眠薬の種類として、ベンゾジアゼピンについて説明してきました。様々な副作用を伴うことから、抵抗がある方も多いでしょう。睡眠薬には、ベンゾジアゼピンを用いていない、非ベンゾジアゼピン系というものも存在しているのです。例として、鎮静・催眠薬の種類としては、「ゾルピデム(マイスリー)」、「ザレプロン」、シクロピロロン系の超短時間作用型睡眠導入剤である「ゾピクロン」、「エスゾピクロン」などが主に挙げられます。ゾピクロンの場合は、ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤と薬理的な作用は似ていますが、筋弛緩や依存性などにおいて副作用が少ないとされているのです。このようなものには、軽度から中等度にわたって、不眠症の際に適用されます。まさに催眠薬の新しい分類であると言えるでしょう。非ベンゾジアゼピン系では、ベンゾジアゼピン「GABA(血圧を下げるなどの精神安定に効果)」―receptor(受容体)の複合体サイトに対して、ベンゾジアゼピンと非常に良く似た効能を出すとしています。

あわせてよみたい不眠症の知識

ベンゾジアゼピンにおける離脱症状を抜け出すために

睡眠導入剤である非ベンゾジアゼピン系1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ