ベンゾジアゼピンにおける離脱症状を抜け出すために

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ベンゾジアゼピンにおける離脱症状を抜け出すために

ベンゾジアゼピンにおける離脱症状を抜け出すためにのイメージ

ベンゾジアゼピン離脱症状とは、そうした深刻な不安症状(イライラ、不眠、感覚障害、統合失調症、発作性疾患など)などが出ることから、これまで誤診される傾向にあったそうです。処方した各々における離脱症状に合わせて、薬を止めていく段階のスケジュールを作成することや、ベンゾジアゼピン離脱支援団体の紹介や支援など、様々な支援戦略が現在までになされてきています。薬を止めるにあたって、こうしたことを追加していくことで、離脱症候群を抜け出す成功率を高めることに繋がるのです。離脱症状は、精神病にもよく似ています。だからこそ、診断する医師は、逆にベンゾジアゼピンが必要だと勘違いしてしまうのです。高用量のベンゾジアゼピン投与から抜け出すには、こうした状況下により、問題が起こりやすいのです。場合によっては、「セカンドオピニオン(より良い決定をするために、もう1人の人から聴取する意見)」を視野に入れることも良いでしょう。特に医療の分野においては、1人の医師の意見だけで決めてしまうことには、リスクが伴います。他の医師の意見も聞くことで、私たちは自ら治療法を選択出来ることになり、有益だと考えられています。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠における弊害「ベンゾジアゼピン離脱症候群」3

不眠症対策の薬「非ベンゾジアゼピン系」とは?

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ