不眠における弊害「ベンゾジアゼピン離脱症候群」3

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠における弊害「ベンゾジアゼピン離脱症候群」3

不眠における弊害「ベンゾジアゼピン離脱症候群」3のイメージ

不眠の際に処方される一般的なベンゾジアゼピン系の睡眠薬には、様々な離脱症状が起こり得るということについて、前項において述べてきました。ベンゾジアゼピンを長期的に摂取していると、ベンゾジアゼピン依存症に陥ってしまうのです。不安・イライラ・不眠・感覚障害を初めとして、重篤に生命を脅かす危険性も秘めています。だからこそ、薬を止めたり減らしていったりする場合には、そのような離脱症状が現れるわけです。こうした離脱症状は、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を止めた後、数週間から数ヶ月近くも続いていくという可能性を有しています。ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、眠れないからといって安易に服用せずに、医師や自分の身体とよく相談した上で、使用や継続を考えることが必要です。とある患者のグループにおいては、亜(上位や主たるものに次ぐ)急性レベルで、数ヶ月や年単位、またはそれ以上も続いていくと考えられています。長期間にわたるベンゾジアゼピンの使用では、治療を一定に施したとしても、離脱症状が重篤な状態で発生する場合があります。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠における弊害「ベンゾジアゼピン離脱症候群」2

ベンゾジアゼピンにおける離脱症状を抜け出すために

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ