不眠における弊害「ベンゾジアゼピン離脱症候群」2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠における弊害「ベンゾジアゼピン離脱症候群」2

不眠における弊害「ベンゾジアゼピン離脱症候群」2のイメージ

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を慢性的に使用していくと、脳内において、薬の効能を打ち消す方向へと身体的な適応が起こり得ます。こうした状態は、「耐性(病原菌などが一定の薬物に対して示す抵抗力)」に加えて、身体的な「依存(ある物事に依存して、それがないと身体的かつ精神的な平常を保てなくなる状態)」としても、よく知られていることです。そのような身体的な依存が見られている場合には、薬を断ったり減らしたりすることで、様々な離脱症状が、身体的・精神的に引き起こされるのです。離脱症状の継続としては、自分自身の身体が依存症から解き放たれて、薬がない環境でも適応出来て、さらには脳の機能が通常時に戻るまであります。離脱症状が発生する可能性として、一般的には、高用量や長期間におけるベンゾジアゼピンの投与や、急速的に薬を断つことが、より高い割合で重篤だとされています。特定の患者群の中では、離脱症状の出現が100%と高くなっていますが、その他の患者群の中では、被験者の50%以上において、離脱症状は軽く、全くない状態でベンゾジアゼピンを中止することが出来たそうです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠における弊害「ベンゾジアゼピン離脱症候群」1

不眠における弊害「ベンゾジアゼピン離脱症候群」3

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ