不眠における弊害「ベンゾジアゼピン離脱症候群」1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠における弊害「ベンゾジアゼピン離脱症候群」1

不眠における弊害「ベンゾジアゼピン離脱症候群」1のイメージ

不眠症で悩み、医療機関に掛かった場合、最もよく処方されるのがベンゾジアゼピン系の睡眠薬になります。しかし、ベンゾジアゼピンを長期的に摂取していると、ベンゾジアゼピン依存症になります。薬を断ったり、または減らしたりする場合には、長期離脱が現れるのです。不安やイライラ、不眠や感覚障害などの症状が形成されるのです。特に重症な場合となると、発作のような症状が起こり、生命を脅かす懸念も存在しています。深刻な離脱症状を引き起こすため、重篤に生命が脅かされるおそれもあります。用量が多く処方されていた時は、その量を急速に減らしていったり、急激に変えていったりすることは、厳重な制限下にあるのです。投与する量を、徐々に減らしていくと、強度や深刻さを最小限に抑えることが出来ると言われています。ベンゾジアゼピンを断つ時は、ベンゾジアゼピンの長期使用に伴う副作用があることをしっかりと認識することが、通常使用において有益だと考えられています。そうは提唱されているものの、長期間にわたってのベンゾジアゼピン系睡眠薬の利用者においては、彼らの意思を優先して、薬を断つことを強制しないようにと言われています。

あわせてよみたい不眠症の知識

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の長期使用の影響3

不眠における弊害「ベンゾジアゼピン離脱症候群」2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ