ベンゾジアゼピン系睡眠薬の長期使用の影響3

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の長期使用の影響3

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の長期使用の影響3のイメージ

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を、不眠の対策として長期的に使用していく場合に、様々んば副作用や弊害が見られることが実証されています。特に、身体的な依存としては、服用後の数週間から数ヵ月後に形成されると言われています。そして、こうした副作用の多くが、ベンゾジアゼピン系睡眠薬の長期使用の後、薬を止めてから、およそ3~6ヶ月で、ようやく改善の兆候が現れるとしています。つまり、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を長期使用する場合、止めた後にも長期的なリスクが伴うということを、私たちは念頭に置いておく必要があるでしょう。実際に医療機関において処方して貰う場合にも、しっかりと医師の診断と注意を聞いておく必要があります。イギリスではまた、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の長期使用が、なんと政治論争にまで発展しています。長期使用について、1980年代と1990年代において、集団訴訟における最大級の対象となりました。これは、医療官僚によって隠蔽(いんぺい、人の所在や事の真相などを故意に覆い隠すこと)されたという疑惑も残っています。

あわせてよみたい不眠症の知識

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の長期使用の影響2

不眠における弊害「ベンゾジアゼピン離脱症候群」1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ