ベンゾジアゼピン系睡眠薬の長期使用の影響2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の長期使用の影響2

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の長期使用の影響2のイメージ

不眠症に対して、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を長期的に使用していた場合、様々な影響を及ぼすことが分かっています。例えば、用量漸増(ぜんぞう、だんだんと増えること)、薬物乱用、薬物耐性、薬物依存症、離脱症候群などが存在しています。生理的に耐性がつくことと、依存性が加えられることにより、ベンゾジアゼピン副作用の悪化が生じるわけです。現在までに研究されている中では、長期服用と死亡リスク増加との関連が考えられています。しかし別な研究においては、そうした関連性は見出されていません。長期的に服用するというリスクについては、未だ研究中の段階にあります。ベンゾジアゼピンは、個人の個性を強化してしまうことから、中毒性の薬物だと考えられています。ベンゾジアゼピン系睡眠薬を長期使用することには、議論の余地がままあります。医療従事者の中では、特に重要な論争の焦点とも言われています。長期的に使用していくことにより、生じ得る問題の性質や重症度には、各国の専門家たちの間で、多種多様に意見が交わされています。特に1部の専門家は、長期的に使用することには疑問を投げ掛けているのです。

あわせてよみたい不眠症の知識

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の長期使用の影響1

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の長期使用の影響3

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ