ベンゾジアゼピン系睡眠薬の長期使用の影響1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の長期使用の影響1

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の長期使用の影響1のイメージ

不眠症において、最もよく処方されている薬として、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬について述べてきました。しかしながら、基本的に不眠に対するベンゾジアゼピンの長期的な使用は、不適切であるとの認識がなされています。うつ病やインフルエンザにも似た症状など、ベンゾジアゼピン系睡眠薬の依存による副作用と認められる症状が、少なからず存在しているのです。具体的には、感情が曇る、吐き気、頭痛、めまい、イライラ、無気力、睡眠障害、記憶障害、人格変化、攻撃性が出る、うつ病、広場に対する恐怖症、不安、パニック発作などの、社会的能力の著しい低下になります。短期的に見た場合には、ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、非常に効果的だと言われています。長期使用に限って、認知能力障害や記憶障害、気分のむらや他の薬物と組み合わせた際の処方が過剰になったりと、などがあり、リスクがあるわけです。ベンゾジアゼピンの長期的な影響については、有害な副作用の懸念があるので、減薬したり断薬を希望する場合には、段々と慎重にしていくことが推奨されています。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症の睡眠薬ベンゾジアゼピンにおける睡眠

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の長期使用の影響2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ