不眠症の睡眠薬ベンゾジアゼピンにおける睡眠

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症の睡眠薬ベンゾジアゼピンにおける睡眠

不眠症の睡眠薬ベンゾジアゼピンにおける睡眠のイメージ

不眠症において、最も一般的に処方されているベンゾジアゼピン系の睡眠薬の効能としては、睡眠を無意識的に誘導することが特徴です。しかしそうすることで、浅い睡眠が長くもたらされ、深い睡眠を取る時間が削減されてしまうのです。結果的に、睡眠の質が悪化してしまうという悪循環が起こります。また、不眠において、短期間作用型である睡眠薬を定常的に使用していると、日中にリバウンド不安(治療や投薬をやめた際において、治療前よりもかえって症状が重くなってしまうこと)が起こりやすくなります。こうしてメジャーに用いられているベンゾジアゼピンですが、実はベンゾジアゼピンの不眠症に対した医学的な臨床結果などの科学的根拠や、その治療法が良いとされている症例は、大変少ないのです。ベンゾジアゼピンの、特に長期の使用では、重大なリスクが伴うと言われています。有害にあたる証拠も少なからず存在しているものの、処方数は増え続けているという現状です。なぜなら、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬が処方されている人々の全てが、長期的な使用に伴って、そうした症状を経験している根拠が乏しいからです。

あわせてよみたい不眠症の知識

ベンゾジアゼピン系睡眠薬で起こり得る離脱症状

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の長期使用の影響1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ