不眠症の睡眠薬「ベンゾジアゼピン」について

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症の睡眠薬「ベンゾジアゼピン」について

不眠症の睡眠薬「ベンゾジアゼピン」についてのイメージ

不眠症の治療として、薬物を用いる方法が挙げられます。その中でも特に、最も一般的に処方されている睡眠薬として、「ベンゾジアゼピン(穏和精神安定剤)」系があります。現存する全てのベンゾジアゼピンは、哺乳類の中枢神経(神経系の中において全神経の統合と支配など、中枢的役割を果たしている部分)に発生するアミノ酸の1種であり、人間の脳内にも微量に存在している抑制性の神経伝達物質の1つにあたる「GABA(血圧を下げるなどの精神安定に効果)」―receptor(受容体)に対して、非選択的に作用すると言われています。「ベンゼン環(ベンゼンなどの芳香族化合物に含まれている6個の炭素原子からなる正六角形の構造)」と「ジアゼピン環(2つの窒素原子を持っている七員環の複素環式化合物)」から構成されていて、中枢神経の信号の流れを抑制することで、不安や興奮などを抑制する働きを持つ物質になります。つまり、不安や興奮を抑制することで、眠気を誘うので、不眠治療の薬として、効果的だと利用されているのです。さらに、ベンゾジアゼピン系の薬は、耐性や身体的な依存を起こしやすいのです。

あわせてよみたい不眠症の知識

ビタミンB12がストレス性不眠に効く

ベンゾジアゼピン系睡眠薬で起こり得る離脱症状

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ