目覚めをよくする簡単な脳活性法

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

目覚めをよくする簡単な脳活性法

目覚めをよくする簡単な脳活性法のイメージ

ぐっすり眠ったとしても、頭がボッーとしてすっきりしないのであれば、あまりいいとは言えません。そんな状態が続くようであれば、以下の簡単にできる目覚めをよくする脳活性化法を試してみてください。

【目覚めをよくする脳活性化法】

①起床後すぐに1日の予定を書き出す

今日しなければならないことを思い出すだけで、脳の神経回路網を活性化できます。また、朝に目から得た情報は、脳に強く印象づけられるという利点もあります。

②利き腕の逆の腕で歯を磨く

使い慣れない手を意識的に動かすことで、右脳・左脳がバランスよく刺激されて脳全体が活性化されます。

③乾布摩擦、またはぬるめのシャワーを浴びる

血行をよくすることで、脳に新鮮な血液をたっぷり送り込んで、その働きを目覚めさせます。

④糖分をとる

脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖を補給することで、脳の活動を促進させます。前日の疲れが抜けない朝などには、砂糖入りのコーヒーを1杯飲む程度でも効果があります。

⑤今日何を着るのか、おしゃれについて考える

人はおしゃれをすると第3者の目が気になるようになります。見られている意識があると心に張りがでて、想像力や発想力を豊かにし、脳の活性化につながるのです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症における薬物療法の詳細2

ビタミンB12がストレス性不眠に効く

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ