不眠症における薬物療法の詳細2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症における薬物療法の詳細2

不眠症における薬物療法の詳細2のイメージ

不眠症の際に処方されることの多い睡眠薬としてのベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系を、系統的から見て比べていくと、両者とも「抗うつ薬」とは同じような効果が得られないことが、証明されています。ベンゾジアゼピンの場合、副作用を超えるまでの統計的な有意差がないわけです。慢性的に睡眠薬を服用している人たちは、薬の服用に関わらず、その睡眠自体が良い質にないとしています。慢性的に服薬している人の方が、薬を服用していない人よりも、定期的に夜間の覚醒が見られるのです。ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系における体験者の言葉によると、両者の薬物は、それぞれ公衆衛生上において、不当とされるリスクを引き起こしやすいと考えられています。つまりこれらの睡眠薬においては、長期的な効果の実証に欠けると結論が出ているのです。上記のリスクとしては、依存に加えて、事故、その他にも多数の副作用が含まれています。既に長期的に服用している人については、段階的に慎重に薬を断っていくことにより、睡眠を悪化させることなく、健康の改善に繋がると言われています。つまり睡眠薬とは、最小有効用量で、ほんの数日間だけの一時的に処方することが望ましいのです。特に、高齢者の場合は、出来る限り用いない方がいいと言われています。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症における薬物療法の詳細1

目覚めをよくする簡単な脳活性法

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ