不眠症における薬物療法の詳細1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症における薬物療法の詳細1

不眠症における薬物療法の詳細1のイメージ

不眠症の場合において処方される睡眠薬の成分の多くが、ベンゾジアゼピンか、非ベンゾジアゼピン系によるものです。これらの睡眠薬では、日中の倦怠感(けんたいかん、心身が疲れてだるいこと)に伴い、自動車事故を起こしやすくなる傾向にあり、また認知機能が低下することによって骨折してしまうなど、多種多様な副作用を引き起こすことで知られています。高齢者の場合は特に、上述したような副作用に敏感であると言われています。非ベンゾジアゼピン系には、日本での商品名ではマイスリーとなる「ゾルピデム(超短時間作用型の睡眠導入剤であるので、夜中に何度も目が覚めるなどの症状がある場合には用いられていない)」と「ザレプロン(ソナタ)」があります。このうち、ザレプロンを有効成分とする薬は、海外に多く、日本においては承認されていません。これらにおいては、睡眠を維持することの有効性が、実は未だに充分な実証がなされていません。種類のあるベンゾジアゼピンでは、短期的としての睡眠維持の有効性は認められています。しかしこれが長期的となると、耐性が生じるため、薬物依存に陥りやすいとしています。

あわせてよみたい不眠症の知識

薬物を用いた場合の不眠症の治療2

不眠症における薬物療法の詳細2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ