薬物を用いた場合の不眠症の治療2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

薬物を用いた場合の不眠症の治療2

薬物を用いた場合の不眠症の治療2のイメージ

前項にて説明してきた、「ベンゾジアゼピン」や非ベンゾジアゼピンにある睡眠薬においては、身体的な依存を引き起こしやすいと考えられています。だからこそ、薬を止める場合には、慎重に見ていかないと離脱症状が引き起こされることになるのです。これは別称として禁断症状でもあり、アヘンやそれから抽出されるモルヒネ・コデイン、コカインなどの天然麻薬と、塩酸ペチジンなどの合成からの「麻薬(中枢神経を麻痺させて陶酔感を伴い、強い麻酔や鎮痛作用があって、さらに連用していくと薬物依存を生じる物質)」や、「アルコール(日本酒・ビール・ワイン・ウイスキーなどの製造法において、発酵酒・蒸留酒・混成酒を指す)」、そしてタバコの葉に含まれるアルカロイドの1つである「ニコチン(神経系に作用して興奮や麻痺を起こす)」などにおいて慢性的な中毒となった人が、突発的に、または急にその摂取を中断した時に起こり得る、精神的・身体的な症状のことを指します。具体的には、悪寒(おかん)、嘔吐(おうと)、妄想などが挙げられています。また、禁断現象や退薬症状とも呼ばれています。

あわせてよみたい不眠症の知識

薬物を用いた場合の不眠症の治療1

不眠症における薬物療法の詳細1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ