薬物を用いた場合の不眠症の治療1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

薬物を用いた場合の不眠症の治療1

薬物を用いた場合の不眠症の治療1のイメージ

不眠症を患っている人の大半が、不眠症対策の治療として、睡眠に伴い「睡眠薬(眠りを誘発する薬)」や「鎮静剤(大脳皮質の中枢の異常興奮を鎮める作用をする薬剤)」に頼っていることが分かっています。オーストラリアで行われた調査によると、不眠だと診断された人のおよそ95%に、睡眠剤や鎮静剤が処方されているそうです。睡眠薬においては、20世紀の半ばまで、「ブロム剤(鎮静作用のあるブロム化合物の総称)」や「バルビツール酸(マロン酸と尿素の結合した化合物)」系の薬剤が使用されていました。しかし、中毒や依存などの問題が相次いで生じたことにより、1960年代より後になると、抗不安薬の「ベンゾジアゼピン(ベンゼン環とジアゼピン環から構成されている中枢神経のGABA受容体の作用を亢進して、中枢神経の信号の流れが抑制されることによって、不安や興奮などを抑制する働きを持つ物質)」系による薬剤が、広く使われるようになりました。ベンゾジアゼピンは、不安や興奮を抑制することから、眠気を誘うための不眠治療の薬として利用されることになったのです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠(症)において薬物を使用しない治療法2

薬物を用いた場合の不眠症の治療2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ