体内時計をリセットするために出来ること2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

体内時計をリセットするために出来ること2

体内時計をリセットするために出来ること2のイメージ

薬物療法を用いない不眠対策として、寝る前に温めた牛乳を飲む利点として、まだ挙げられることがあります。牛乳には特に「カルシウム(動物においては、炭酸カルシウムとして貝殻などの燐酸カルシウムとして骨の主成分をなしている)」が多く含まれていることは、私たちも良く知っているところです。このカルシウムが、イライラを防止する効果をもたらしてくれるのです。牛乳に多く含まれるとされるカルシウムは、脳部や仙骨部から発する、その大部分が迷走神経であり、伝達物質としてアセチルコリンを分泌している「副交感神経(心臓に対しては抑制、胃腸に対しては促進の作用)」と同時に、高等脊椎動物(体は左右相称で、支持器官として脊椎を持っている動物)にある自律神経系を構成している神経である「交感神経(心臓の働きの促進・血管の収縮・胃腸の働きの抑制・瞳孔の散大などの作用)」の働きを抑えてくれるのです。だからこそ、生活リズムが乱れがちであったり、不摂生である場合などでは特に、寝る前に温めた牛乳を飲むことをお勧めします。気分をリラックスさせることで、より心地の良い眠りへと誘ってくれるでしょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

体内時計をリセットするために出来ること1

不眠(症)において薬物を使用しない治療法1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ