体内時計をリセットするために出来ること1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

体内時計をリセットするために出来ること1

体内時計をリセットするために出来ること1のイメージ

不眠症を改善・快方に向かわせる手段の1つとして、薬物療法を用いない方法の続きを見ていきます。体内時計の重要性については、前項で述べた通りです。前項に加えて、眠くなるという意識があってから、布団に入るようにしてみましょう。決められた・いつもの就床時間だからといって、そこにこだわり過ぎてしまうと、逆にストレスをもたらして神経を高ぶらせてしまうので、あくまで自分の意識に任せるようにしてみましょう。さらに効果的なものとして、寝る前に温めた牛乳を飲んでみることをお勧めします。牛乳に含まれているタンパク質が、消化することによって生じる「オピオイドペプチド(モルヒネ様作用を示すペプチドの総称)」と結びつくことで、神経を鎮静させる作用をもたらします。それが、眠りを誘うと考えられているのです。そして、牛乳には必須アミノ酸と呼ばれている「トリプトファン」が多く含まれていて、それが原料となり、体内において鎮痛や鎮静効果のある神経伝達物質「セロトニン」が作られます。セロトニンが多く分泌されることによって、穏やかな気持ちを持って眠りへと入っていけるわけです。

あわせてよみたい不眠症の知識

薬物を使わない不眠症の治療2

体内時計をリセットするために出来ること2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ