身体的要因による不眠の原因1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

身体的要因による不眠の原因1

身体的要因による不眠の原因1のイメージ

不眠(症)という状態に陥ってしまう、身体疾患として、代表的なものがいくつか存在します。まずは、「狭心症(きょうしんしょう、心臓部が締めつけられるような、一過性の痛みを主症状とする病気)」や「心不全(心臓にあるポンプ機能が低下することにより、肺や全身に必要な量の血液を送り出すことが出来なくなった状態)」などによる心疾患です。それから、「気管支喘息(アレルギーや自律神経に変調などが起こることで、気管支の痙攣収縮、粘膜の浮腫、粘液分泌の増加などが起こって気道が狭められて、発作的に喘鳴を伴う呼吸困難を呈した病気)」や、息切れや咳嗽(がいそう)、喀痰(かくたん)の増加などを主な症状としている進行性肺疾患の1つである「慢性閉塞性肺疾患(肺の生活習慣病とも言われる、喫煙などによって有害物質を長期間にわたって吸入することにより引き起こされる肺の機能低下や慢性炎症)」、「睡眠時無呼吸症候群(眠っている最中に、数秒から数十秒呼吸が止まることがあり、息苦しくなって目覚めることが一晩に数回、繰り返してしまう病気)」などによる呼吸器疾患です。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠(症)の原因はあるのか?

身体的要因による不眠の原因2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ