定義としての不眠症とその分類1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

定義としての不眠症とその分類1

定義としての不眠症とその分類1のイメージ

今や私たちに身近となった「不眠症」という病気は、各個人が睡眠困難(眠りに陥るのが難しい状態)を訴えている状況だと、医学的には定義されています。特別な疾患もなく、健康で、普通の人であっても、誰でも1度は経験したことがあるのではないでしょうか。例えば悩みやストレスなどで、寝たいのに眠れない、という状態に陥った時、自分はもしかして不眠症なのではないかと考えることも、しばしばあることです。不眠症には、特徴があります。それは、入眠困難な状態が長引いたり、睡眠時間や睡眠自体の質が悪化したりします。そして、それぞれが睡眠や医療、精神疾患へと関与すると認められています。ちなみに、起きている間であっても、不眠症という機能障害は続いてると考えられています。先に述べたように、不眠症の一般的・基本的な概念としては、入眠困難や睡眠を維持することが困難であったり、体力の回復に繋がらない浅い睡眠であったりすることです。そこから、日中での活動において、阻害因子が現れたり、苦痛や不快と捉えられる状況が、1ヶ月以上も続いていることを示しています。

あわせてよみたい不眠症の知識

低体温を解消する

定義としての不眠症とその分類2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ