低体温を解消する

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

低体温を解消する

低体温を解消するのイメージ

近年、大人も子供も低体温が増えています。子供は、昔のように外で遊ぶことも少なくなり、室内でゲームなどをして過ごすことが影響しています。大人は、車や電化製品を利用して、体を動かさない生活を送っていることが影響しています。

低体温になると、「病気になると治りにくい」「元気よく動き回るパワーが出にくい」「疲れやすい」、そして「寝つきが悪くなる」といった悪影響がでてきます。つまり、低体温になると、不眠につながるのです。

低体温を解消するには、よく体を動かすことが大切です。日々しっかりと歩いたり、運動したりすることをお薦めします。しかし、運動する時間が平日にはなかなか確保できないという人もいるかと思いますので、部屋の中でも簡単にできる動作を紹介します。

【首をこするマッサージ】

首には「人迎」というツボがあり、この部分をこすると新陳代謝がよくなり、体が温まります。

①「人迎」というツボを探してください。「人迎」は、のどぼとけから左右1.5センチずつ離れたところにあります。このツボは新陳代謝を活発にする甲状腺があるところです。

②両手の指をそろえて、「人迎」をそっと上から下へこすってください。

【おなかをこするマッサージ】

腸は体温をつかさどる場所なので、軽い刺激を数分与えただけで体が温まってきます。

①へその周辺を手のひらでぐるりと円を描くようにやさしくなでます。そうすると、数分で体が温まってきます。

あわせてよみたい不眠症の知識

市販の睡眠薬について

定義としての不眠症とその分類1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ