ビタミンB12がストレス性不眠に効く

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ビタミンB12がストレス性不眠に効く

ビタミンB12がストレス性不眠に効くのイメージ

現在、社会情勢も原因となって、ストレス性の不眠が増加しています。不景気、人員削減、人員削減による人員不足、複雑な人間関係、コンピューターでのデーター管理など、様々なストレスの要因となり得るものにさらされています。よって、ストレスが増加し、夜にベッドに入っても、神経が高ぶって眠れないというストレス性不眠の患者が増加しているのです。しかし、ストレスを避けて生活することは不可能です。ストレスとうまく付き合っていくしかないです。なので、ストレスとうまく付き合う方法の一つとして、ストレスに効く栄養素を紹介したいと思います。

ストレス性睡眠障害に大切な栄養素としてビタミンB12を紹介します。ビタミンB12は、別名「神経ビタミン」と呼ばれており、ストレス性の病気に効果があります。ビタミンB12が不足すると、自律神経のバランスがおかしくなって、ストレスに弱くなり、不眠を引き起こしやすくなります。

ビタミンB12が多く含まれる食品は、納豆、みそ、しょうゆ、大豆などの豆類、煮干し、さぼ、いわしなどの魚介類、牛や豚などのレバー、牛乳やチーズなどの乳製品に含まれています。

貝類の中ではあさりにビタミンB12が多く含まれているので、あさりのみそ汁は眠りに効果的なおかずです。加えて、少量でも三つ葉を入れるといいです。三つ葉は香りがよく、神経ストレスを抑えてくれる効果があります。

1日に必要なビタミンB12は約2~3ug(1ugは1gの100万分の1)で、いわしなどの魚なら1尾で摂取可能です。納豆ごはんとみそ汁という組み合わせなら、安眠に向けての、最高の準備となります。

あわせてよみたい不眠症の知識

目覚めをよくする簡単な脳活性法

不眠症の睡眠薬「ベンゾジアゼピン」について

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ