寝具の選び方

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

寝具の選び方

寝具の選び方のイメージ

【ふとんの選び方】

敷き布団がやわらかすぎると、おしりや背中が沈んでしまい、首や腰に負担が掛かったり、体がのめり込んでいるため寝返りに支障をきたします。逆にかたくて薄い敷き布団で寝ても体が痛くなってよく眠れません。敷き布団は、適度な柔らかさと、寝返りをうてるかたさ、そして寝返りをうてる広さがあるものを選んでください。冬場の掛け布団が重すぎると、寝返りを妨げるので注意が必要です。保温性の高い毛布や薄い布団を重ねたほうが、調節がしやすく、間に空気の層ができて温かいです。

【枕の選び方】

材質は好みによるところですが、あおむけに寝て、わずかに首の骨が山型に湾曲するくらいの高さがあり、寝返りをうってもはずれない、肩幅程度の大きさがある枕を選んでください。できれば購入前に横になって頭に当てて試してから選ぶといいです。

【寝巻きの選び方】

素材は、汗を吸いやすく、通気性がよく、洗濯しやすいものがいいです。大きさは、ゆとりがあって締めつけず、寝返りをうったときも体についてくるように、ゆったりとフィットしたものがよいでしょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

つめの生えぎわもみ

成長ホルモンの分泌を促す

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ