免疫力を高める睡眠方法

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

免疫力を高める睡眠方法

免疫力を高める睡眠方法のイメージ

免疫力の低下は、かぜなどの感染症からガンなどの重病まで、多くの病気を引き起こす原因となります。免疫力を維持するためには自律神経を整えることが重要です。副交感神経が最も活発に働いて体をリラックスさせる睡眠時間が減ると、体が活動を休止したり再生する時間が減るので免疫力低下につながるのです。以下に免疫細胞をより多くつくるための睡眠方法を紹介しますのでご参考にしてください。

①深夜0~3時は寝る

深夜0~3時までは、新陳代謝が活発になり、成長ホルモンが分泌されて、傷ついた細胞の修復が行われる時間だからです。免疫細胞を増やすためには、この時間帯にしっかり寝て、脳と体を休めてください。

②就寝前に青汁を1杯飲む

ケールを主成分にして作られた青汁には、睡眠を促すメラトニンというホルモンが豊富に含まれています。就寝前にコップ1杯の青汁を飲んで、ぐっすり眠ってください。

③枕の高さは、頭が3センチ、首が8センチにする

呼吸の通り道が滑らかなS字カーブを描くように、後頭部が3センチ、首に当たる部分が8センチになるように枕を調節してください。

④カーテンを青にする

青い色は気持ちを鎮めてリラックスを促す色です。寝室のカーテンなど眠るときに目につくものに青を使って、快眠環境をつくってください。

あわせてよみたい不眠症の知識

半身浴

快眠を促進させるハーブ

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ