15分の昼寝が脳を活性化する

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

15分の昼寝が脳を活性化する

15分の昼寝が脳を活性化するのイメージ

多くのサラリーマンが、仕事のストレスで疲れきってしまい眠れていません。片づけるべき仕事が多いにも関わらず、脳の効率が悪いため、夜遅くまで働かなくてはいけないという悪循環に陥っています。能率が上がらないときこそ、午後に15分くらいの居眠りをして脳を休息させると効率が見違えるほどアップします。

2005年6月に福岡県立明善高校で公立高校では初めての試みとして、昼食後の15分間を昼寝タイムにしました。昼寝タイム中はモーツアルトの静かな曲を流し、昼寝する生徒は机に伏せて寝ます。昼寝タイムを導入したキッカケは、県内有数の進学校である同校の生徒は、勉強、部活動、メールのやり取りで夜遅くまで起きていて睡眠不足であることが指摘されていたからです。昼寝タイムを導入40日後、生徒にアンケートをとった結果、昼寝をした61%の生徒が「授業に集中できでる」という回答がでています。

ただし、長すぎる昼寝は逆効果になりますので、15分以上は寝ないようにしてください。

職場環境によって昼寝をすることができない場合もあるかと思います。できる人は休憩時間を使って15分の昼寝を試してはいかがでしょうか?

あわせてよみたい不眠症の知識

呼吸の仕方でストレスを減らす

ナルコレプシー

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ