カフェイン摂取について

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

カフェイン摂取について

カフェイン摂取についてのイメージ

仕事中に眠くなったとき、目を覚ますためにコーヒーを飲む人を見たことはありませんか?

コーヒー、紅茶、日本茶にはカフェインという成分が含まれていて、脳を覚醒することでよく知られています。呼吸数、心拍数、胃酸の分泌量、血糖値を増加させる働きがあります。

脳を覚醒させるには有効的なカフェインですが、就寝直前に飲むと脳が覚醒して寝付けなくなります。いったん体内に入ったカフェインの効き目は5~6時間といわれています。寝る数時間はコーヒーやお茶を飲むのは避けた方が賢明です。実際に不眠を訴える人の中には、夜にお茶やコーヒーを飲む習慣があることが多いそうです。こうした小さな習慣を改めるだけでも、寝つきが違ってきます。

また、カフェインの効き目には個人差があります。多くの人の場合、1日に250ミリグラム(コーヒーカップ2杯半位)程度なら何の問題もないと言われています。ただ、敏感な人は、コーラをコップ1杯飲んだだけで目がさえた状態になることがあります。「自分がカフェインに強い体質なのか?」「どんだけ飲むと眠れなくなるのか?」などカフェインと自分の体質との相性を把握して付き合っていく必要があります。

あわせてよみたい不眠症の知識

ツボ刺激による不眠解消

自律神経と睡眠

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ