ノンレム睡眠とレム睡眠

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ノンレム睡眠とレム睡眠

ノンレム睡眠とレム睡眠のイメージ

人には脳波があり、眠っている時と起きている時では、違う脳波が出ています。さらに浅い眠りと熟睡している時では異なる脳波が出ています。この脳波から、眠りは大きく分けて2種類あることが解明されています。これがノンレム睡眠とレム睡眠です。

目が覚めている時には、ベータ波という脳波が出て、目を閉じて安静にしている時にはアルファ波という脳波がでますが、寝ているときは、複雑な要素をもっていて、眠りの状態によって脳波が変わったり、繰り返したりします。

入眠からまどろみ状態になって徐々に眠りが深くなっていきます。この深い眠りの状態をノンレム睡眠といいます。ノンレム睡眠はその深さによって4段階あります。そして、眠りから1時間半ほどでアルファ波とベータ波が混在し、まぶたの下では眼球が左右に素早く急激な運動をするレム睡眠になります。ノンレム睡眠の深い眠りに対し、レム睡眠は浅いレム睡眠を指します。

人の眠りは、入眠からノンレム睡眠の1~4段階をたどり深くなり、その後眠りが浅くなるレム睡眠へと移行します。これを90分でワンサイクルとして、1晩に4~5回繰り返します。

あわせてよみたい不眠症の知識

すっきり目覚めるための体操

適度な運動をする習慣をつける

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ