すっきり目覚めるための体操

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

すっきり目覚めるための体操

すっきり目覚めるための体操のイメージ

入眠する際には体がリラックスし、目覚める際には緊張します。緊張と緩和のサイクルで入眠と覚醒は行われるのです。以下ではすっきり目覚めるために体を引き締める方法をご紹介します。

 

【ツボ押し】

①風池と呼ばれるツボを押します。風池は初期症状の風邪や頭痛にも効果があるといわれるツボです。

②首のつけ根、後頭骨の下にあるくぼみを探してください。このくぼみが風池です。

③両手の4本指で頭を支えながら、親指でゆっくり押す。

④息を吐きながら10秒間続ける。

⑤息を吸いながら静かに力を抜く。これを3~5回繰り返す。

 

【起きた時に行う、脚を上げる体操】

①仰向けで寝ている姿勢で、脚を内側に向けて10センチほど上げる。

②10秒間そのままの体制をキープする。

③これを2~3回繰り返す。

④全身が引き締まるので、すっきりと1日をスタートすることが出来ます。

あわせてよみたい不眠症の知識

入眠前のリラックス体操

ノンレム睡眠とレム睡眠

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ