入眠前のリラックス体操

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

入眠前のリラックス体操

入眠前のリラックス体操のイメージ

入眠する際には体がリラックスし、目覚める際には緊張します。緊張と緩和のサイクルで入眠と覚醒は行われるのです。以下に入眠のためのリラクゼーション方法をご紹介します。

【入眠前のリラックス方法】

寝る前にうまくリラクゼーション状態をつくることによって、より快適に入眠に移行することができます。

【全身体操】

①全身を脱力させる。

②腕を頭の上にあげる。

③②の後、すぐに力を抜く。これをゆっくりと繰り返します。

【手の体操】

手の周りには脳と直結する神経が集まっているので、手首の動きがなめらかになると、頭の緊張をほどくことができます。

(手ぶらぶら体操)

①手首をただぶらぶらと振る。

②手の周りは温かくなってくる(温かくなってくるのを感じてください)

③これを1~2分続ける。

(ハンドバス)

①洗面器に約45度の熱めのお湯を張る。

②手首が隠れるくらいに両手をつける。

③お湯が冷めてきたら追加して温度を保ってください。

④これを10分ほど続ける。アロマオイルを入れるのも楽しいし、リラックス効果が高まります。

【二人で行う体操】

①エクササイズを始める前に、腕、脚、首を回したり、体を曲げたりして、余分な力を抜いておく。

②ペアの一人が力を抜いて横になる。

③もう一人がタオルを相手の足首にかけ、そのまま20センチほど持ち上げる。

④相手の腰を伸ばすようにゆっくり左右に30回程脚を振る。

⑤脚を自分の側に5秒ほどぐっと引っ張る。

⑥静かに脚を下して交替する。

あわせてよみたい不眠症の知識

自律訓練法

すっきり目覚めるための体操

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ