飲酒と睡眠

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

飲酒と睡眠

飲酒と睡眠のイメージ

アルコールには、薬理作用として効果があり、抗不安作用、鎮静・睡眠作用があるので、古くから不眠解消の睡眠薬の代用品として一般的に飲まれています。

確かに少量のアルコールを摂取すると、熟睡感も増し、入眠までの時間も短縮します。ですが、これは少量のアルコールを摂取した場合のことです。中等量のアルコールとして体重1キロに対して、アルコールを1グラム摂取した場合、逆に眠りが浅くなることがわかっています。つまり、アルコールの量によって、睡眠状態に影響がでてくるのです。

また、毎晩晩酌をする習慣をつけると、アルコール依存症になる可能性があるので注意が必要です。耐性の形成によって、同じアルコール摂取量では熟睡効果が薄れてきて、アルコール摂取量がどんどん増えていくのです。アルコール依存症になると、中途覚醒が頻繁になったり、睡眠時無呼吸症候群になる恐れがあり、睡眠時間も減るようになってしまいます。

なので、アルコールを睡眠薬の代用品に使うことはやめ、自然な形で入眠することをお薦めします。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠と喫煙

入眠障害

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ