睡眠と喫煙

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠と喫煙

睡眠と喫煙のイメージ

喫煙者ならば夜寝れないときにタバコを吸って、それでも寝れないのでまたタバコを吸って、吸えば吸うほどどんどん寝れなくなった経験があるはずです。

タバコに含まれるニコチンには、覚醒作用、興奮作用、鎮静作用、そして依存性を高める作用をもっています。ニコチンの鎮静作用により、就寝前に寝タバコを常習とする喫煙者も多いのですが、覚醒作用、興奮作用も含まれるので入眠に影響する可能性が大きいのです。特に考え事が頭から離れなかったり、神経が高ぶっているときには、タバコを吸うことでより一層覚醒してしまいますので注意が必要です。個人差はありますが、ニコチンの脳においての半減期は、平均2時間ほどかかるので、就寝2時間前の喫煙は避けるほうが無難です。

また、ニコチンは入眠時間を遅らせるだけでなく、中途覚醒(途中で起きてしまうこと)を増加させることが研究によって報告されています。ニコチン依存症の人の中には、中途覚醒があった場合、喫煙してニコチンを摂取しないと、再度眠りにつくことができない人もいます。より一層、睡眠時間が短くなってしまうのです。

このように、喫煙は睡眠への影響も少なくありません。それ以上に、喫煙は多くの疾患の原因となるので健康自体に大きな影響を及ぼすこととなります。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症とは

飲酒と睡眠

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ