眠りのメカニズムとは

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

眠りのメカニズムとは

眠りのメカニズムとはのイメージ

人間というのは、毎日同じ時刻に目覚め、寝るというものであり、体内時計というものが存在しています。 どの程度睡眠をとれば良いのかというと、7時間から8時間ほどだと言われていますが、十分な睡眠時間には個人差があります。 体内時計と疲れの度合いによってあらわれる睡眠に対する欲求とのバランスにより、睡眠リズムや規則正しい睡眠というものがあるのです。 人間というのは、生体機能がいつでも働いているものであり、それが質が高い睡眠、そして健康的な睡眠を保つことに繋がっています。 睡眠というのは、レム睡眠とノンレム睡眠といった一定のサイクルを繰り返しており、夢を見るのがレム睡眠で、大脳を休めているのがノンレム睡眠になります。 およそ90分というサイクルでこの2つは繰り返されるのです。 それにより、寝てから朝目が覚めるまでの間に、活動する為の準備をしていると言えます。 徹夜をした経験がある方も多いでしょうが、朝になるにつれて徐々に眠気が強くなってくるものですよね。 強い眠気を感じてもそのまま徹夜して寝なかった場合、午後になると少し眠気が和らぐものですが、これは眠気を感じたり、眠気が覚めたりする時間が毎日一定である、睡眠のメカニズムによるものなのです。

あわせてよみたい不眠症の知識

予防医学と不眠症の関係

睡眠欲求と覚醒力

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ