予防医学と不眠症の関係

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

予防医学と不眠症の関係

予防医学と不眠症の関係のイメージ

睡眠問題というのは日常生活に支障をきたすだけでなく、身体の疾患や精神疾患を引き起こす可能性もあると言われており、睡眠問題は万病のもとと言われている程なのです。 たかが睡眠問題だと思わず、十分な休養をとり、質の良い睡眠をとることが大切です。 それにより、こういった病気の予防に繋がるのです。 精神疾患は多々ありますが、精神疾患において睡眠障害と認められることは少なくないのです。 睡眠障害は精神疾患においてただの合併症というわけではなく、うつ病の場合には最初に睡眠障害があらわれることが多いと言われています。 つまり、うつ病を発見するためにも、そしてうつ病の再発を未然に防ぐ為にも、不眠は大切な見極め方法になるのです。 長期間不眠状態が続くとうつ病にもなりやすいと言われており、全国各地では不眠からうつ病を早期発見するということが実際に行われていますし、生活習慣病だけでなく、身体疾患を増やすのが睡眠障害です。 メタボリックシンドロームは「メタボ」と言われており、誰もが一度は耳にした事があるのではないかと思いますが、このメタボと睡眠時無呼吸症候群の合併症として、高脂血症や高血圧、糖尿病である耐糖能異常、胸やけとも言われる逆流性食道炎、そして高尿酸血症などがあると言われています。 多くの生活習慣病は、睡眠障害や睡眠不足が原因で引き起こると言われており、不眠症になった時には治療するために睡眠薬を使用することが多いですが、生活習慣病の改善にも繋がると言われているのです。 睡眠が原因でこういった身体疾患や精神疾患に繋がらないよう、できるだけ質の良い健やかな睡眠をとれるようにしましょうね。

あわせてよみたい不眠症の知識

夜間に限らない睡眠問題

眠りのメカニズムとは

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ