夜間に限らない睡眠問題

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

夜間に限らない睡眠問題

夜間に限らない睡眠問題のイメージ

きちんと休養できていないと、睡眠障害や睡眠不足といった睡眠に関する問題を引き起こすことに繋がります。 こういった睡眠問題が改善されなければ、心身に対して影響が出てきますので、少しでも早く睡眠問題を解決する必要があります。 不眠や睡眠不足の状態が続くと、日常生活において注意力や集中力が低下したり、日中に非常に強い眠気を感じたり、作業能率も低下してしまうことがあります。 また、場合によっては抑うつなどがあらわれることもありますし、仕事をしていて人為的ミスに繋がる可能性も出てくるのです。 これは放っておくことができませんよね。 睡眠問題が原因で起こったことは少なくなく、アラスカで起きたタンカー事故やスペースシャトル・チャレンジャーの墜落事故、そしてスリーマイル島で起きた原発事故もその一つです。 このような産業事故が起きてしまってからでは手遅れであり、睡眠問題が原因で起こった事故は日本にもあります。 勤務条件が過酷であった為に起きたと言われている長距離ドライバーの居眠り運転や新幹線運転士の居眠りが原因で起きた緊急停止事故もあります。 これは、睡眠時無呼吸症候群を患っていたということが分かっていますが、自分自身だけでなく、他の人にも影響を与えてしまうことがあるのです。 日本やアメリカでは睡眠問題が原因で起きた事例が多々あり、社会資本や経済に対する損失は、年間で数兆円にも上ると言われているのです。 健康的な日常生活を送るには、質が良く健康的な睡眠をとることが必要です。 休養を得るためというのはもちろんですが、免疫機能を高めたり、記憶調整、気分調整にも繋がる大切なことなのです。 不眠や睡眠不足で悩んでいる方は、なるべく質が良い睡眠をとれるように努力してみてください。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠障害が増加している問題

予防医学と不眠症の関係

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ