二度寝を防止する方法

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

二度寝を防止する方法

二度寝を防止する方法のイメージ

誰でも二度寝すると気持ちいいものです。しかし、二度寝はあまりいいことではありません。特に、学校や職場などの遅刻につながることも。二度寝しない方法を紹介します。 まず、早寝して十分な睡眠時間を確保すること。睡眠が十分でないうちに目覚まし時計などで急に起こされると、頭や体が覚醒する準備が整ってない、体がまだ眠りを欲している状態で、起き上がるのは大変です。 そして、カーテンを少し開けて就寝すること。寝室が明るくなることで、体が覚醒の準備を開始します。眠っている間に徐々に目覚めの準備ができれば、目覚めがよくなって二度寝を少し抑えることが可能です。 また、冬場に部屋を暖めることも効果的。自分が起きたい時刻に部屋が暖まっているように設定すると、布団からなかなか出られない状態を防止できるでしょう。 一方、朝起きてすることをあらかじめ考えておくこと。睡眠は足りていても朝、目覚めたあとなかなか起き出せないのは、起きることより寝ていることを選んでいるからです。例えば普段、朝なかなか起きないのに遊びに行く時は起きられるケースがあてはまります。 さらに、目覚めをよくするテクニックを活用することです。たとえ短時間睡眠でも、睡眠の質を高めて目覚めをよくすること。胃腸に負担を与えないように流動食にしたり、睡眠環境を整えたり、睡眠の質を高めるためのストレッチを行ったりといった方法があります。

あわせてよみたい不眠症の知識

自己催眠する方法

通勤時の居眠りも効果的

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ