自覚できない緊張状態

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

自覚できない緊張状態

自覚できない緊張状態のイメージ

就寝前に心身ともリラックスすることで、交感神経の働きが鎮まって、副交感神経の働きが高まります。そして、人間の体が眠りに移行してうまく寝付くことができるわけです。 しかし、リラックスする状態を自覚するのがなかなか難しく、不眠や不眠症になってしまうのです。 例えば、身体的に緊張する状態は、意識的に力を入れると自分でもよくわかっても、無意識のうちに力が入ってしまうこともよくあります。また、精神的にもストレスを自覚するのはなかなか難しく、まわりから見ると明らかにストレス状態でも自覚しづらいものです。自覚している状態とともに、まったく自覚できていない緊張やストレスなども、不眠や不眠症にいたる原因になってしまうケースもとても多いと言われています。 不眠症にいたってしまわないように、寝付きの悪さ、不眠を解消するためには就寝前に頭や体をリラックスさせることがとても大切です。その方法として、リラックスのための呼吸法や入浴、読書、軽い運動などが、主な例としてあげられます。また、リラックスミュージックやアロマテラピー、ハーブなどもおすすめの入眠グッズといえます。 一方、「自己催眠」という方法も、不眠の解消には効果的です。しかも自分でとても簡単に実践することができます。

あわせてよみたい不眠症の知識

寝付けない原因は自律神経にあり

自己催眠する方法

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ