寝付けない原因は自律神経にあり

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

寝付けない原因は自律神経にあり

寝付けない原因は自律神経にありのイメージ

人間には「自律神経」というものがあり、わざわざ意識しなくても内臓や血管などの働きをコントロールできるようになっています。この自律神経は、交感神経と副交感神経から構成されていて、一方が働いているともう一方が休んでいるといったように切り替えながら機能しています。 つまり、人間は起きて活動している間、交感神経が優位に働いている状態です。交感神経が優位に働くと、心拍数や呼吸が多くなって血圧が上昇する、いわば緊張状態です。 一方、眠る時に交感神経の働きが弱まって副交感神経の働きが高まります。心拍数や呼吸が少なくなって血圧も低下し、ゆったりとリラックスした状態です。 うまく寝付くためには就寝前に体をリラックスさせて、交感神経の働きを鎮め、副交感神経の働きを高めることが大事です。 では、どうして頭や体の緊張をうまく緩めることができなくなってしまうのかというと、多くの場合は「ストレス」が原因です。ストレスがあると体をリラックスさせることができなくなった結果、交感神経の働きを鎮めることができなくなるのです。 例えば、仕事や勉強などで心身が緊張している状態、不安や悩みがあって頭から離れない、翌日の仕事などに意識が向いて頭の切り替えができない、何かに腹を立ててイライラしている、すごく興奮している、など。 以上のストレスは自覚できると早急に対処できますが、なかなか自分では気づかないのが実情です。

あわせてよみたい不眠症の知識

うつ病による不眠症の克服法

自覚できない緊張状態

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ