うつ病による不眠症の克服法

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

うつ病による不眠症の克服法

うつ病による不眠症の克服法のイメージ

不眠症を患っている人の中には、うつ病との関わりがとても大きいとされています。今回、うつ病による不眠を解消する方法を紹介します。 うつ病になると、年齢や性別に関係なく、ほとんどの人が不眠症を患うといわれています。例えば、寝つきが悪くなる「入眠障害」、寝入ってから途中で目が覚めてしまうことが多い「中途覚醒」、さらに早朝に目覚めてしまう「早朝覚醒」などです。 以上のような状態になると、眠りが長続きせずに日中に眠気が残ってしまったり、朝、布団から出られかったりという状態に。しかも、本人にとってはとてもつらい、苦しい状況でも、まわりの理解が得られないことも多々あります。 うつ病の症状をそのままにしておくと、気分の落ち込みが激しくなって、社会生活に支障をきたすことも。さらに深刻な状態になると、将来に対して絶望感を持って、ついに自殺を図ってしまうケースもあり得ます。一方で、不眠の症状を伴うと、日中の活動に影響が出るのはもちろん、眠れないことで心身ともに疲労困憊してしまいかねません。 こういった不眠は抑うつの気分によって引き起こされているもので、うつ病そのものを克服してしまうと、不眠症も解消でき、元の正常な状態に戻ることができるでしょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠に効果があるセラピー音楽

寝付けない原因は自律神経にあり

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ